南波 日々人(ヒビト)

なんば ひびと
南波 日々人
誕生日

1996年9月17日「栄光の日」生まれ(ムッタ談)
野茂英雄投手がノーヒットノーランを達成した日。

出身地

日本・東京都出身、実家はたけのこニュータウン。NASAを去り現在ロシア・モスクワ在住。

身長

182cm

職業

JAXA宇宙飛行士

家族構成

父、母、兄、アポ

略歴

大学卒業後JAXA宇宙飛行士選抜試験を受け合格。
日本人最年少宇宙飛行士であり、史上最年少ムーンウォーカーの記録も打ち立てた。月面でのクレーター落下事故から奇跡的な生還を果たすも、パニック障害を発症。リハビリ訓練の末現役復帰試験をパスしたもののNASAでの宇宙飛行士現役復帰を見込めずロシアに渡る。ロシアでの訓練に参加し、月ミッション「トルストイ4」のバックアップメンバーにアサイン。アストロノートからコスモノートになり、現在月ミッションに向けて訓練中。

言葉

「ムッちゃん 俺今なんとなく 将来は宇宙飛行士になってさ。月に行くような気がしたよ」
「もし諦め切れるんならそんなもん夢じゃねえ」
「だって…天国も地獄もどっちも生きてる時に見るもんだ」
「ブライアン…やっぱり来てくれるんだな あんたは」
「俺らは生きて一緒に月面に立とうぜ」
「楽しいだろ?宇宙って(ムッタの月への打ち上げ時メールにて)」
「俺がラインの上を真っすぐ歩けたのは 飛行訓練のおかげじゃない。PDの時と比べれば 大したことないなって気付いたからだ」
「フラれたからって相手を嫌いにはならないだろ?俺は今もNASAを好きなままだよ。ただ…諦めただけだ。諦められないことのために 諦めることもあるんだよ」
「“諦め”――って ある意味では――“決意”に似てるよな」
(握りしめたんだよな オリガ…… “絶対”を)
(これが…ロシアのブルースーツ……ワッペン以外は大きな変化はないけど…気分は変わるもんだ)

プロフィール

南波ムッタの弟。
JAXA史上最年少で宇宙飛行士となり、日本人初のムーンウォーカーという記録を持つ。

小学生の時に兄弟でUFOらしき光を見てから「自分は将来なんとなく宇宙に行く気がし」、宇宙に行くことを決意。自分の中に『絶対』を持って宇宙に向けて真っすぐ歩んできた。
約束をしたその日から兄ムッタも同じく宇宙飛行士になるのだと信じて疑わず、迷い立ち止まっていた兄を様々な形で引っ張っていく。

好きなスポーツは野球、高校時代はピッチャー。
体力づくりを兼ねてNASAには自転車で通い、訓練以外でもNASAの一角でキャッチボールをするなど常に体を動かしている。
得意な楽器はギター。兄ムッタと共に、子どもの頃からずっとシャロンの元で音楽を楽しんでいた。打ち上げ前のバーベキューパーティーなどでもその腕前を披露しており、アメリカに行っても継続して弾いていたようだ。

宇宙船のアポロから命名した「アポ」というパグ犬を飼っており、この「APO」も「APOLLO」を省略している。
このアポ、実はブライアン・J一家が飼っていた「ジェミニ」の子であり、ブライアン逝去後生まれた子犬の一匹をヒビトが引き取ったのである。

明るく天真爛漫、天才に見られがちだが、その実誰よりも努力し苦労を周囲に見せずにいる。ただし基本的にはおおざっぱな性格で、細かい部分を面倒くさがる癖がある。マニュアルもあまり読まず体で覚える実践派。

NASAではサムライ・ボーイと呼ばれており、多くの先輩宇宙飛行士・同僚から親しまれていた。
誰もが憧れるJ兄弟の弟、ブライアン・Jとは特に親しく、新人時代のヒビトの積極的な姿勢を買い、自身のバックアップクルーとしてヒビトを大抜擢、鍛え上げる。

連載開始時は既に宇宙飛行士として月に挑むところであり、兄ムッタが追いかける対象であるヒビトだが、新人としてまだ未熟なヒビトの訓練の様子やブライアン・Jとの日々が観られる映画『宇宙兄弟#0』もぜひ併せて観て欲しい。

T-38飛行訓練では兄と同じくデニール・ヤングに師事。初フライトでは何度も吐くも、もう一度乗せろと嬉しそうに言ったらしい。この訓練の成果か否かは不明だが、初の宇宙では既に宇宙経験のあるバディですら若干酔っている中、まったく宇宙酔いをすることなく楽しんだ。

月ミッションの最中クルーのダミアンと共にリッテンディンガー峡谷の谷底へと落ちる大事故に遭う。ダミアンの宇宙服の体温調節機能の故障、ヒビトの宇宙服の酸素ボンベの破裂などの大変な命の危険にさらされる。
本来は事故の場所で待つのが鉄則だが、通信ができず宇宙服が故障している状態では事故の場所から移動し脱出を急ぐしかない。
持ち前の前向きさと困難に向き合う強い心を持ち決して諦めなかったヒビトは、自分を置いていけというダミアンを必ず助けると誓い、共に無事峡谷から脱出。

この時JAXAでは事故の報せを聞いたムッタが「ヒビトは多分じっとしていない」と脱出ポイントを予測。JAXAを通じてNASAに連絡が入るものの、“移動しない”という鉄則からNASAは元々の救出ポイントに向かっていた。
しかし先輩宇宙飛行士の吾妻が兄ムッタの提案を受け止め、自分が指揮すると酸素生成ローバー「BRAIAN」を向かわせる。

一方、谷からは抜け出したもののフレディたちの到着前に自身の酸素が尽きると悟ったヒビトは、満点の星空を見ながら谷底に落ちて死のうとしていた。

ところが視界の端に光るものを見つけ、それを確認してからにしようと光ったほうへと移動する。
ヒビトが向かった先で見たものは――ブライアンの最期の置き土産“ブライアン人形”だった。ブライアンが、自分を呼び止めてくれたのだ。
一度は酸素が尽きたその時、「BRAIAN」が到着。一命をとりとめたヒビトは救助にきたフレディたちの前で立ち上がり、ピースサインをして見せた。彼の持ち前の明るさが、皆を笑顔にさせる。

自身が移動するであろう場所を予測して示してくれた兄ムッタ。
ムッタの予測を信じ、その場所へと「BRAIAN」を向かわせた吾妻。
死のうとした自分を呼び止めてくれた、ブライアン人形の持ち主・ブライアン。

自分の命を助けてくれたこの3人に、ヒビトは心から感謝するのだった。

月ミッションからの帰還後、CES-51クルーをモデルとしてTVアニメ「Mr.ヒビット」が誕生。世界各国で放送されている。
主人公のヒビットはヒビトがモデルでもあり、まさに誰もがイメージするようなヒビトそのもので、明るく天真爛漫、勇気と元気を持っているウサギ。

ところが――ヒビトは月面事故の影響でパニック障害を発症。宇宙服を着ると呼吸困難や冷や汗などの症状が出るようになってしまう。
大きな困難に立ち向かい、いつでも前向きに走り続けていたヒビトから消えた笑顔、初めて見せる苦しみは、読者にとっても大変つらいものだった。

それでも宇宙飛行士であることを諦めないヒビトは、バトラー室長には必ず復帰すると宣言し吾妻の紹介でパニック障害克服のためロシアに渡る。
ヒビトが世話になったのはロシアの英雄イヴァン・トルストイ。彼の父もまた、パニック障害で苦しんだ宇宙飛行士だった。

自分は宇宙飛行士失格だと苦しむヒビトに、イヴァンは言う。「一人になるな」と。
宇宙服を着て歩く。その当たり前の感覚を取り戻すためイヴァンとヒビトの極秘訓練が始まる。「大事なのは“できる”という経験を得ること」。

こっそり見せてくれたイヴァンの娘オリガのバレエの成長記録。彼女の頑張りを知り、ヒビトは自分の気持ちを奮い立たせ、少しずつ少しずつ感覚を取り戻していく。
だが、現実は無常だった。

秘密は長く維持できず、NASA上層部の一存でヒビトは安全スーパーバイザーというデスクワークに飛ばされる。それは実質、飼い殺され二度と宇宙へは上がれないということ――。

一人で訓練の続きアメリカに戻ったヒビトの元に届いたイヴァンからの荷物。それはあの防具や衣装たちだった。ヒビトはローリー、オリビアの協力を経て再びリハビリを開始、遂に手ごたえを得る。ところがいよいよ宇宙飛行士復帰試験の時間を作ってもらう直前に再び発作が起こってしまった。

ムッタにはずっと内緒にしていたヒビトだったが、自分をイヴァンに紹介してくれた吾妻や天国のブライアンからの言葉に、遂にムッタにパニック障害を告白。
驚いたムッタだったが、ヒビトにかける言葉は“本当の兄”だからこそ言えるものばかりだった。

心の中に“絶対”を持っている奴だから。今度発作が起きそうになったら「プリティ・ドッグめ」と呟け。宇宙服は俺らの味方だ。

試験当日、兄から届いたプリティ・ドッグの“お守り”を身に着け、ヒビトは宇宙飛行士復帰の試験に臨む。
度重なる“警告”で不安になるヒビトに届いたのは、共に月へ行ったCES-51の仲間たちの声だった。月でのミッションを思い出し、月のウサギのように飛び跳ね、楽しそうに試験を終えるヒビト。
溢れる笑顔。再び彼が宇宙飛行士として歩みだせるだろう――誰もがそう確信した瞬間だった。

だがそんなヒビトに追い打ちがかかる。
NASA上層部はヒビトの宇宙飛行士現役復帰を了承することはなく、今後ヒビトにミッションが下される可能性はほぼないと決まった。その残酷な事実を告げられたヒビトは、誰にも知らせず長い間失踪する。
やがて『宇宙飛行士・南波ヒビト』であるために彼はある決断をした。

UFOらしき光を見たあの日から、宇宙飛行士になるべくロケットのように真っすぐに進んできたヒビト。パニック障害を克服するも現役復帰は叶わず、宇宙飛行士から遠ざけられ自身も死んだように生きるも、彼は再び前を向き宇宙への道を歩き始めた。

「月面で会おう。」
アストロノートからコスモノートに変わるだけ。

「楽しいだろ?宇宙って。」
月へ向かうムッタに送った一通のメール。

ヒビトはNASAを去り、新しい道へと飛び込んだ。

ロシアに渡ったヒビトだったが、ロスコスモスの室長ボルシュマンは条件の一つとしてイヴァン一家との接触を禁じる。その理由はヒビトが「客でも家族でもないから」。

それは“ロシアにとって”という意味なのだろうか――。ヒビトは考える。

ロシアで一から宇宙飛行士を目指すヒビトの生活は、NASA時代から一変した。
ヒビトが暮らす“プロフィ”という、新人宇宙飛行士が宿泊するアパートは星加曰く“小規模で貧相な暮らし”。
部屋は小さく狭い。蛇口から出るお湯は黄色く、テレビは砂嵐。
スマートフォンの通信が入る場所はベッドの角のわずかな空間だけ(しかもLTE!)。
引っ越しの挨拶で洗剤を渡しに行った隣人からは気味悪がられる。

とぼとぼと部屋へ帰るヒビト。
電話越しの母の「月へ行ったのにまだ“新人”なの?」という問いに、プロフィの小さな自室を見つめながら己に言い聞かせるようにヒビトは言う。
「まあ俺はNASAをやめたからね。やめて次に始める時は……やっぱり新人だよ。ここでロシアの宇宙飛行士として一からのスタートだ」

NASAとロシアは人の雰囲気がまったく違う。知ったつもりになっていた“ロシア”はイヴァンの一家だけだった。
食堂で一人過ごすヒビトに、一言だけ送ることを許されたというイヴァンからメールが届く。
「キノコと名乗ったからにはカゴに入れ。」
変な一言だったが、何を言いたいのか何となくわかる。「コスモノートと名乗ったからには――」。
街中で会ったNASAの元同僚と、プロフィの隣に立つ“NASAコテージ”。
ヒビトはNASAと決別し、覚悟を決めた。

よく考えたら一人で宇宙に行くわけじゃない。ヒビトはロシアに飛び込んでいく。
共に訓練をしているマクシムたちと食事をとり、会話をする。
雪に覆われたNASAコテージを見ながら、なぜロシアなのかと尋ねる隣人マクシムに、パニック障害を告白する。“回転イス”の後ラインの上を真っすぐ歩けたのは、PDに比べたら大したことないなと気付いたからだ。
その告白を聞いたマクシムは、ヒビトを酒に誘う。なぜNASAを去ったのか、ヒビトは酒を飲み交わしながらマクシムにじっくり語ったことだろう。

会うたびに少しずつ、そして酒を飲み交わすたびに心の距離が縮まり、人としての温度も上がっていくロシア人。訓練同期生とヒビトの仲は徐々に深まっていく。
なぜヒビトがNASAを去ったのか皆に話すマクシム。しかし決してパニック障害のことを口にしなかったマクシムに、ヒビトは信頼を寄せていく。

訓練は順調に進む。
雪の中のサバイバル。ボロいバス。コスモノートとしての証明、氷の張ったスター湖への入水式。使わない釣り具セット。
伝統を重んじ、使える物は大事に使うロシアのローテク感。
仲間たちとの会話。

ヒビトは思い出す。
少年時代、同級生にからかわれ宇宙を諦め始めた兄の姿、兄の背中。“侘しさ”“憤り”“諦め”。
けれど自分をかばい相手に頭突きしていった兄の姿を見て、気付く。
“諦め”は、ある意味で“決意”に似ている――。

NASAを許せないのではないか。そう尋ねるマクシムに、ヒビトは答えた。諦めきれないことの為に諦めることもある。
宇宙飛行士でいることを諦めない為に、ヒビトが選んだ道。
氷の張ったスター湖に飛び込む、ロシアの宇宙飛行士が伝統的に行うゲン担ぎ。
“飛び込まないこと”を諦め、ヒビトはダイブする。ロシアの宇宙飛行士として。

仲間たちのアドバイスを聞きながら、適性試験である口頭試問に進む。宇宙飛行士たちの余裕やユーモアを見たいという試験官たち。
第一回の適性試験は「ひっかけ」にひっかかってしまったヒビト。
これで落ちることはないよなと焦ったヒビトは、大切なものが入っているBOXの中からオリガの成長記録を見始める。その時オリガが取った小さな行動に、ヒビトは「そうだよな」と確認する。

舞台の主役を決めると言われた時のオリガ。
月ミッション“トルストイ4”のメンバーを決めると言われた時のヒビト。
二人は、自分の中の“絶対”を握りしめたのだった。

第二回の適正試験はユーモアを交え余裕を持って終了。
まさかの“本番”入水式も飛び込んだ。

訓練で一番名前を呼ばれた者、ロシア宇宙飛行士の伝統を行ったヒビト。
ヒビトはボルシュマン室長との個人面談で
「過去のことは知っているが知ったことではない」
「選ばれなかったとしてもそれは君の過去のせいではない」
そう言われ、嬉しそうに笑う。
そして、最初に言われた言葉――「客でも家族でもない」ことの答え合わせをした。

自分からロシアに飛び込んだので客としてもてなされる立場ではないこと。
家族ではないのは、ロシア人でもないよそ者なので、イヴァンのような英雄に世話になる境遇ではないということ。
だが、ヒビトのこの答えは一つ間違っていた。
「まだ」家族ではない。

最初に、「ロシア人になるくらいの覚悟が必要だ」とイヴァンに伝えていたボルシュマン。
“言葉足らず”だとよく言われる、そう言うボルシュマンに、ヒビトは頷く。
「俺も…同じです」

かくしてヒビトは、コスモノートになった。
ロシアの(ちょっとだけ色味の違う)ブルースーツを纏ったヒビトは、“トルストイ4”のバックアップクルーとして月面ミッション特別訓練のステージへと進む――!

バックアップクルーとなり、プロフィを出て“スター湖”の見える高層マンションの8階に引っ越してきたヒビト。マクシムも同じマンションの10階に引っ越し、コスモノートとしての新しい生活が始まった。

宇宙飛行士のお祝いとしてオリガが送ってくれた手作りのターコイズネックレス。
勇気と行動力をくれ“人生の旅の守護石”と呼ばれている、宇宙飛行士が持つのにふさわしい石。
パニック障害で訪れた際には笑顔で別れることが出来なかった二人。
太陽フレアの影響で“星の街”でもオーロラが見える夜。
それぞれの道を頑張ってきた二人は、お互いのプレゼントを身に着けてオーロラの下で笑いあう。

ロシアでも、ヒビトは自転車で疾走する。
“星の街”からイヴァンと会う約束の場所まで32km。
「32kmくらいなら…近所だよ」
イヴァンと再会したヒビトは、“宇宙飛行士の顔”をしていた。

ひょんなことからイヴァンとの腕相撲することになったヒビト。もう少しで勝てそうだったところ、イヴァンがオリガの名前を呼び、ヒビトはその古典的な戦法に気を取られ負けてしまった。
“人間力”は叶わないけれど、“腕力”でなら――。
かつて腕相撲した大先輩、ブライアン・J。イヴァンに勝てたのなら、きっとブライアンにも勝てたことになるような…そんな気持ちが湧き出していた。

“トルストイ4”のバックアップとしての訓練をすべて終えた時、本当の意味でロシアの“家族”になれる。そう思い、自分の中でそう決めて、ヒビトは今日も訓練に臨む。

“絶対”を握りしめて――。