南波 長介

なんば ちょうすけ
南波 長介
出身地

日本・たけのこニュータウン在住

家族構成

父、母、息子2人

略歴

真弓と結婚し、ムッタとヒビトの父となる

初登場
#1~

言葉

「ケーキの角度は日頃の働きに比例する」
「俺の子があそこにいるぜオンザムーン」
「どうだ六太。このロープのそっち側は。」
「男なら親父より楽しめ」
「ちゃんとお別れすることが大事だ」

プロフィール

一見厳格そうで無口だが、ダジャレやモノマネが大好きで息子たちに会うたびに何か披露し、言い終わった後はドヤ顔をしたりする。俳句も時折口ずさむ。

うどんが大好きで、アメリカに行ってもうどんを注文しようとしている。酸っぱすぎる梅干しは少々苦手らしい。

基本的には放任主義のようだが、ヒビトの遺書の話に動じないなど宇宙飛行士を子供に持つ親としての覚悟は持っているようだ。息子たちの打ち上げや帰還などは必ず見守り、感情豊かな妻の横でガッツポーズをしたり涙ぐんだりしている熱い父である。
妻とは大体どこに行くにも一緒のようで、息子たちの打ち上げや帰還に緊張する妻の傍らにいつも自然に寄り添って共に緊張し喜びを分かち合う。

また、普段はしょうもないことを言っているがここ一番で口にする言葉はムッタやヒビトの心にしっかりと刻まれる。兄弟の子ども時代、飼っていたハムスターの死に際し喪服を着てお葬式をし、『死』んだものとの別れ方を教えた。

「パパ」ということでいつも「P」から始まるTシャツを着ている。その場面場面でどんなTシャツを着ているのか見るのも読者の楽しみの一つである。
最近ムッタの部屋を『南波工房』に改装、陶芸に精を出す。自身の陶芸作品で食事するなど、昔からの夢を叶えたようである。

南波夫妻や南波家のシーンは、いつも私たちをほっこりとさせてくれる。素敵な家族である。