ダン

だん
ダン
職業

NASA月面基地開発局勤務
無人探査機ギブソンなどの設計者

初登場
#131~

言葉

「僕はダン!無人探査機“ギブソン”は僕の設計だよ」
「でもこのままじゃ僕らの…NASAの技術者としてのプライドがさ…」
「ああー!いいかも!バギーも空飛ばしちゃう?」

プロフィール

NASAの月面基地局の開発局で働く技術者の一人。
双眼鏡を頭につけ、オーバーオールを着ている。

無人探査機“ギブソン”の設計を行った。

ISS行きを断ったムッタは事実上この部署に飛ばされ、彼らと共にバギーの開発・改良業務に携わることとなった。

ヒビトが月の谷へ落ちたのと同タイプのバギー。
その改良を任されているが「落ちても壊れないバギーにしてくれ」「落ちないバギーにしてくれ」という上からの要望に1年半ほど応えることができず、部署として頭を抱えている状態である。

落ちないバギー。壊れないバギー。

既に幾度も改良を重ねらえたタイヤやブレーキ。今の姿のバギーは技術者たちには「ほぼ完璧」であり「今以上のものを求められても頭がねじれるばかり」。

このままではNASA技術者としてのプライドが。
軽量化こそが僕らの使命みたいなもの。だからバギーは今のあの姿になった。

技術局のメインメンバーであるピーター、ハロルド、ダンの3人の中で一番口調も穏やで優しげなダンだが、技術者としての仕事に対する熱意とプライドはとても強い。

「ああー!いいかも!バギーも空飛ばしちゃう?」

月面での事故に遭ったダミアンにバギーを検証してもらうなどしてあらゆる方法を模索していたムッタたち。
空を飛ぶバギーなど、突飛な案まで飛び出した。だがこの“空を飛ぶ”話が、ムッタに自動車開発をしていたミラクルカー時代を思い出させる。

フロントガラスに道を映し出す“フロントナビゲーションシステム”。
JAXAの「かぐやⅡ」の月面MAPデータ、ミラクルカーコーポレーションの技術、そしてNASA技術局。
ムッタらが提案したこの方法は実用可能な案として評価を得た。
そして、ムッタは月行きの切符を手にする。

宇宙飛行士として月の訓練をしていたムッタだったが、一旦決まった月行きが別のチームに変わったり、ISS廃止署名運動・予算削減案を出せとゲイツに求められたりと困難がムッタを襲う。

月面天文台建設にはジョーカーズが最適であるとアピールするため、ムッタ自身の頭の中にある月面天文台建設の手順や機器を“自身の頭の中と同じ”になってもらうため、アンディ、フィリップと共にムッタは再び月面基地開発局を訪れた。

月面基地開発局のメインメンバー3人は、映画『ゴーストバスターズ』の登場人物がモデル。
ダンのモデルとなったのは、同じ名前の俳優ダン・エイクロイド。役名はレイモンド博士。レイモンド博士の臆病さは、いつも穏やかで優しそうなダンと共通する。トレードマークの双眼鏡(※確認)もお揃いである。
ちなみに『ゴーストバスターズ』のムック本にはピーター、ハロルド、ダンと月面基地局のメンバーたちが掲載されている。

嬉しそうにムッタを迎えるダン。
短い時間ながら困難な仕事を共にしたムッタを、ダンは心から応援し、また、いつでも歓迎してくれるだろう。

ムッタにとってダンは時に技術者として同じ目線にたつ仲間でもあり、“宇宙飛行士”を、“宇宙開発”を支えてくれる一人である。