エディ・J

えでぃ・じぇい
エディ・J
出身地

アメリカ

職業

NASA宇宙飛行士

家族構成

妻、息子テリー

略歴

宇宙飛行士として、J兄弟として宇宙飛行士のみならずスタッフ陣からも憧れを抱かれる存在。ISSミッションを数多くこなし、計700日滞在した。ジョーカーズの月ミッションのリーダーとして人生最後の宇宙へ。

初登場
#80~

言葉

「俺らが月に行った時一緒に月面に並べよーぜ これ」
「もう誰も……死ぬことのないように 祈ろう」
「カルロは必ず戻ってくる。交代は必要ない……最後にカルロに会った時奴の目(・)を見たんでな」
「ちょっと「夜風に当たりたいんだ」」
「ここが宇宙だムッタ。楽しいぞ~~~」
「だが…本当の“最善”の為なら“決定”なんて何回したっていいんじゃねえの?」
「生物も何もないこの広大な宇宙ではな 心の癒しとなるものは 実は――“美しい景色”じゃない。“ランデブーだ”」
「『諦めるな』と背中を押してくれた人たち皆に――心から感謝する」
「俺たちを救うのは“弟”の轍だな」
「ブライアン 待たせたな」

プロフィール

NASAのベテラン宇宙飛行士。宇宙飛行士やNASAのスタッフたちからも憧れを抱かれるJ兄弟の兄。周りを良く見ている温和なリーダー。経験豊富で何かあった際の判断力は凄い。

ダミアンとヒビトの月面事故の際にはISSに搭乗しており、地上から事故報告を受ける。その際エディ人形と共におり、弟ブライアンの事故の際には祈る暇もなかったと2人が無事を祈る。

ヒビトら22期生の訓練教官を弟ブライアント共に行う。ブライアンの打ち上げ時はキャプコムを担当。ブライアンの妻のエイミーが打ち上げ時刻を間違えて伝えたことを怒っていたとブライアンに伝え、自分で謝れと伝えた。

ブライアンが遺した遺書をNASAの仲間の前で読み上げる。

子ども時代おもちゃ屋の前でバズとニール人形を欲しがったブライアン。サンタさんにお願いしよう、そして将来2人一緒に月面に並べようと約束。エディが持っているのは元・バズ人形。

だが月には志願したもののアサインされることはなかった。

ブライアンの月ミッションが決定した際ブライアンからエディ人形を手渡される。

『いつか“月”に行くべき時は来る』と伝え渡す。

バイオリンを20年以上弾いている。バトラーにジョーカーズのキャプテンになってくれと頼まれるも、今からピアノを弾けというようなもの、と一度は断る。だがブライアンなら両方弾いたと食い下がるバトラー。エディの固い意志を尊重してか、あるいは作戦なのか、バトラーはヒビトが偶然見つけた月面のブライアン人形の写真をエディに渡した。

自分を待っているかのようなブライアン人形に胸を打たれ、エディは人生最後に月を目指すことにする。

トミーという息子がいる。親の姿を見て育つというのは何なのか、というくらい宇宙とは程遠いパンクバンドをしているトミーだが、父であるエディに歌詞を見せ、それにアドバイスをくれる父を尊敬している。「当たり前のように宇宙に行って当たり前のように帰って来るから」とはエディの妻の談。

自身も初めてとなる月を目指し、ジョーカーズのリーダーとして皆をまとめ上げる。

現役最後のフライトとして月へ。ジョーカーズとして月面へ行く前にリンドウの花を一輪持ってブライアンの墓に報告に行った。

打ち上げ前日にはブライアンが作った『バレたらマズイミッション』を実行、ジョーカーズ皆で“脱走”の共犯グループとなり、自分たちが打ちあがるロケットを見に行った。

人生最後の、そして人生初の月面へ降り立った時の感動と興奮は、ベテランであるエディにとってもかけがえのない体験だったようだ。ムーンウォーカー最年長記録を更新。月ミッションを諦め、年齢的にももう行くことはないだろうと諦めていた自分の背中を押してくれた人々に強く深く感謝、月に来たことは正解だったと話している。

月面天文台建設の為のパラソルアンテナがいくつか予定通り刺さらず手ごたえが弱く、確認の為月の裏側へ進む。エディはその第一歩を踏み出した。“人類が月の裏側へ進出”ということで大盛り上がりとなった。

天文台建設の為のミッションをクルーをまとめ上げこなしていく。太陽フレアが近付いている中メインコンピュータである“SHARON”がダメになってしまわないようムッタと共に回収へ向かう。

兄同士のドライブでは兄弟でどんな宇宙ごっこをしたかなど話し、ブライアンとの日々を懐かしんだ。

途中充電事故が起こり、バギーが動かなくなるも、エディはかつてキャプコムとして指示を与えていたことを思い出しルートや電力確保のための道を探る。

ヒビトが落ちたリッテンディンガー峡谷のバギーのバッテリーや、酸素生成装置“BRAIAN”の轍。自分たちを助けるのは兄弟であると、ムッタと共に危機を乗り越えるべく動く。だが峡谷からムッタを引き上げる際引っ張られ、月面で尖った岩に手を傷つけげ減圧症なってしまった。

ムッタが無事救出し基地に戻るため移動。途中ブライアンが人形を置いたあの場所に立ち寄り、エディはずっと待っていたブライアン人形の隣にエディ人形を隣に置いた。通信をオフにし、かつてブライアンとした宇宙遊びのようにエディは言う。

ヒューストンこちらエディ&ブライアン

ここから……地球が見えます

俺たちの目のように青いです

ブライアンが遺した空白の1分40秒。もしかしたら…エディと同じようにしたのかもしれない。それは誰にもわからない。

エディは、人生最後の月を、ブライアンも居た月を楽しみながらミッションをこなしていくことだろう。