新田 零次

にった れいじ
新田 零次
誕生日

1995年7月31日

出身地

日本

職業

JAXA宇宙飛行士

家族構成

母、姉、弟・カズヤ

略歴

1995年生まれ。筑波大学でスポーツ医学を専攻。スポーツ心理を研究しメンタルトレーニングに精通している。2025年宇宙飛行士選抜試験を受験し、宇宙飛行士となる。2027年12月人類初の有人小惑星ミッションに任命され、チームスウェッツの一員となる。
剣道5段。

初登場
#20~

言葉

「順位がつけられるとわかってるものなら全部トップを狙わないとダメだ」
「俺は早く弟に 部屋の外に出てもらいたいんだ」
「もし……これを見ている人の中に 今……『自分の居場所がない』と強く感じていて―小さな世界に閉じこもっている人がいたら聞いてください。それこそが 外に飛び出す原動力です」
「動いて動いて輝く石は流れ星……『生きた石コロ』です」
「ああ多分あいつなら大丈夫だうまくやれる。だから俺はもう何も心配していない。たまに世の中のつまらない考え方に残念な気持ちになるだけだ」
「弟からの連絡を待つ兄…か。あの時の俺みたいだ」

プロフィール

天文ファンだった弟・カズヤの影響を受けて宇宙に興味を持つ。

ムッタたちと同期の宇宙飛行士。

宇宙飛行士選抜試験第3次の閉鎖環境試験でムッタ、せりからと同じA班になる。

登場当初は弟のことで悩み、仲良し南波兄弟であり「優秀で有名人である南波ヒビトの兄」であるムッタに対しわざわざ「お兄ちゃん」「兄」という呼び方を強調していた。

管制官らの指示や試験の目的などを冷静に分析し過ごしていた。意外と細かい点が気になるタイプ。

弟と一緒に住むことを考え、ヒューストンではガレージ付きの3LDKを借りた。

アスキャンの訓練中弟のカズヤから連絡がくるチャンスがあり、特別に許可をもらって携帯を所持していた。その携帯を落としてしまい、ムッタと共に探しに戻る途中でカズヤの話を告白する。

自分が宇宙飛行士を目指したのは天文ファンのカズヤの影響であること、宇宙が好きな弟であること、カズヤが引きこもりになってしまったこと、向かってきた時にきちんと向き合わなかったこと。そして―部屋から出ることができなくなってしまった弟に、外に出てほしいと願っていること。ずっと南波兄弟を羨ましく思っていたこと。

携帯は残念ながら不在着信になってしまったが、新田はムッタに話したことすべてをメンバーに共有し、着信のあった携帯をかみしめて流星群を眺めた。

きっとここから新田と他のメンバーは本当の意味で信頼を深めていったことだろう。

カズヤが目にした新人宇宙飛行士メンバーからの動画メッセージには、子どもの頃カズヤが流れ星を「生きた石コロ」と呼んだことから、「生きた石コロ」というカズヤに通じる言葉を使った。おそらくカズヤ本人に届くよう願いを込め言葉を紡いだことだろう。この新田兄弟のエピソードについては、ぜひ宇宙兄弟メシの第11回を見てほしい。

クールでポーカーフェイスだが、弟想いでありシャロンの病気の件で頭がいっぱいになり落したムッタを嘲笑する同僚たちを窘めるなど熱い面を持つ。

NEEMO訓練の後自分の方向性が決まらないことに冷静風でありながらケンジと同じように焦りや不安を感じていたようだが、訓練が始まり邁進していった。

クリスマスパーティーの夜、ケンジと共に小惑星ミッション、チームスウェッツに任命される。

ヒビトが行方不明になりうなだれるムッタに声をかけ食事をした際、弟のカズヤのその後を報告した。

外に出るようになり国内で宇宙開発関連の会社の面接に進んだものの一度引きこもった経験のある人間は通らずだったが、ヒューストンで就職先を決める為、英会話を勉強し渡米する予定だと嬉しそうに話す。ヒビトからの連絡を待つムッタを、かつてアスキャンでの訓練中の自分の事のようだと感じ、口にこそ出さないものの連絡が来るよう願っていたことだろう。そしてヒビトからの連絡だとわかる着信音が鳴った後、喜びその場を退場した。

ケンジらスウェッツの小惑星ミッションの為訓練に邁進中。今後の活躍が楽しみである。