フィリップ・ルイス

ふぃりっぷ・るいす
フィリップ・ルイス
出身地

アルゼンチン生まれ、アメリカ・ヒューストン在住

職業

NASA宇宙飛行士

家族構成

父、母、兄、姉、弟

略歴

アルゼンチンに生まれ7年、その後ブラジルに6年、他の土地も点々として過ごした為アイデンティティが曖昧なまま悩みながら過ごしてきた。そんな折NASAチャンネルでエディが言った言葉に感銘を受け、エディに憧れ宇宙飛行士を目指す。CES-66ジョーカーズとしてムッタらと共に月面ミッションへ。現在も月面で活躍中。

初登場
#172~

言葉

「ヤァマン」
頭は「NO」心は…「YES!」
「もう最高ドレッド全開にしていい」
「ヤァムーン」
「OK手伝うよヤァマンムッタの夢を俺の次の夢にしよっ」
「エディの見てる景色を 俺も見たいと思った」
「国とか人種とか どーでもよくなる高さまで行って この地球を見てやろう――って」
「俺 もう…… “地球人”でいいや」

プロフィール

父はジャマイカ人、母はアメリカ人でアルゼンチン生まれ。アルゼンチン、ブラジル、アメリカで育つ。陽気でいつも音楽を聴いている。大体自分の耳より大きな“耳ヘッドフォン”をつけている。ドレッドヘアは5日に1回くらい洗っている。感情豊か。

陽気で騒がしいノリに周囲が誰もついていけず誰もついていけなかった。

個性的すぎるメンバーとしてムッタと同じCES-62のバックアップクルーに任命される。

毎朝騒がしい音楽で目覚めたり、朝ダンスをやらないと死んでしまうものに上げたり、半分踊りながら走ったりと自由。

ジョーカーズのアサインが取り消しになり、ISSの廃止署名を集めろとゲイツから言われた際、アサインを取り戻しISSを廃止させないためにムッタ・アンディと共に積極的に前向きに動く。

晴れてCES-66に任命。

ある海賊映画の中のタコ海賊が好きなフィリップは、ミッションポスターで髪型をタコにしてもらった。会見でのキャッチフレーズは「NASA一のリズム感を持つ男」。

打ち上げから月までの間、テンションが上がってドレッドを全開にし踊ったようだが、その後無重力でしばらく回転が止まらなかったようだ…。

陽気な音楽やダンスが好きな為、月面基地内で楽しみながら運動できるバーチャルトレッドミルではよくライブ会場を設定している。

月面基地で行方不明になったパラソルアンテナを探すミッションを行う。

ブギーの障害物センサーを新しいものに交換するなど、ムッタと共に機器の修理など担当していることから技術方面を担当しているようだ。

トラブルに見舞われる月面ミッションだが、シャロン天文台の完成を目指すムッタの姿を見て改めて完成させたいかを尋ねる。自分の時に完成させてシャロンに伝えたいというムッタの気持ちを知り、ムッタの夢を自分の次の夢にしようという。

生まれた国の違う父母と共に子どもの頃から色々な国を転々として過ごし、「何人だよ」や「国へ帰れ」まどと言われどこに行っても“よそ者代表”としてアイデンティティに悩みながら過ごす。そんな折NASAチャンネルでエディの姿と「我々は孤独だ。だが独りではない」という言葉に感銘を受け宇宙飛行士を目指す。

エディと同じクルーとしてミッションにのぞみ、エディの見ている景色を自分も一緒に観ていること、オリオンの中で地球を眺め自分がアメリカ大陸の上から下まで制覇していることに気が付く。つ同時にかなった夢は、ずっと抱えていたアイデンティティの悩みを吹き飛ばし答えも見つかった。

自分の夢が叶い答えを見つけたフィリップは、「地球人 フィリップ」として、これからも宇宙飛行士として誰かの夢を共に叶えるべく陽気に前向きに進んでいくだろう。