シェイン・マグワン

しぇいん・まぐわん
シェイン・マグワン
出身地

アメリカ

職業

NASA宇宙飛行士

略歴

元軍人。軍隊経験を経てNASA宇宙飛行士となる。ムッタたちの同期生。月へのバックアップクルーが決定、恐らくムッタよりも早く月ミッションに参加したと思われる。

初登場
#93~

言葉

「1日1時間ってことは1年でみると―365時間でェ…「15日」分も得することになるな。宇宙飛行士の15日はでかい」
「あんたらラッキーだぜ。こいつの作動するところを見れて。ハハッ」

プロフィール

元軍人宇宙飛行士。整った顔立ちでいつも自信と余裕に満ちた表情をしている。ベンとはいつも行動を共にしている。

新人を車に乗せスピードを出し彼らがどんな反応をするか、その様子を見ているビンセント。スピードに動じずお喋りをし、窓を開けてそのスピードを楽しむ余裕を見せるシェインに、「やはり元軍人である人間は図太さが違う」と評する。軍隊上がりであるシェインとベンは恐怖に打ち勝つものを既に得ている、と。

本来2年かかる基礎訓練を1年半以内に終わらせてもらう、とのビンセントの言葉にも彼は余裕のある笑みを浮かべる。

アスキャン訓練ではA班として1位ゴール。最下位でゴールしたムッタたちの目の前に、次の訓練“カムバックコンペティション‘26”参加するためローバーの予習をしていた。
技術者の中でローバーの実物を持っていた人物は学生のエリックただ一人。エリックは去年のカムバックコンペティションにも出場しており知識が豊富であろうということで、A班は勝つために迷わずエリックを選んだ。
カムバックコンペティションは順位で制作支給費が違い、1位でゴールしたA班は800ドル、ムッタらE班は600ドル。
A班は順調に製作を進めていき、途中段階でも成功を収める。

コンペティション前日、滅多に降らない雨がコースを濡らしていったが、A班はどの班でも悪条件は同じ、今からローバーをいじるのは逆に危険、そのままでいくのが最善、と製作したものでコンペティションに臨んだ。

悪条件の中でも彼らのローバーは好成績を残し、コンペでは3位を、アスキャンの中では1位を獲得。シェインは喜びのガッツポーズを見せる。

様々な面で優秀であり何事も「楽しむ」余裕を持っている彼は、どんなミッションにも果敢に、そしていつ何時でも楽しそうにこなしていくことだろう。