ユル・マイゼール

ゆい・まいぜーる
ユル・マイゼール
出身地

ロシア

職業

ロスコスモス宇宙飛行士

初登場
#283~

言葉

「俺は思ってるね 誰にも言ったことないけど あ…今言ったけど」
「まさか俺が選ばれるわけないと思ってただろ 俺は思ってたね」
「“人生の旅の守護石”と言われている 宇宙飛行士が持つのにふさわしい石だ」

プロフィール

ロスコスモス宇宙飛行士。太い眉と二重が特徴。

表情はいつもクールでミステリアスだが、“恐怖の回転イス”では青ざめた表情を見せる。
共に訓練を受けていたが“ウィンターサバイバル72”で同じチームになるまでは、あまりヒビトと会話を交わしたことがなかったようだ。

雪の中での72時間サバイバル訓練 “ウィンターサバイバル72”。
ソユーズが過去に帰還予定の軌道を大きく外れ遭難し、発見まで48時間かかったことからより過酷に、72時間に及ぶ訓練を伝統的に続けているロシア。

「今は“GPS”があるから 2日も3日も発見されないなんてことありえない」――って思ってるでしょ。

ヒビトにそう声を掛けるユル。
凍っているスター湖へ飛び込むゲン担ぎの“入水式”や、雪の中過酷な72時間訓練が“謎”だと思っていたヒビトは、ユルの言葉にドキリとしたことだろう。

「俺は思っているね 誰にも言ったことないけど あ…今言ったけど」
「ちなみに俺のばあちゃんは日本人だ」

ミステリアスな男だと思っていたユルとの会話に、ヒビトは一気に親近感がわいた。
ちなみにユルの実家にはこたつがあるという。

ところで皆さんお気づきだろうか。
“ウィンターサバイバル72”で他の3名が帽子を被っていたのに対し、ユルは耳当てのみ。寒さに強い男なのかもしれない。

ヒビト、ユル、フランツ、マクシム。彼らは“ウィンターサバイバル72”訓練や“入水式”、そして互いの温度を同じにし、大いに仲を深めた。

数々の訓練や試験を経て、その日は訪れる。
“ウィンターサバイバル72”のメンバー4人が、トルストイ4のバックアップクルーに任命されたのだ。

「まさか俺が選ばれるわけないと思ってただろ 俺は思ってたね」
“GPS”の時と同じようなやりとりに笑うヒビト。
月面特別ミッションの訓練が始まった。

バックアップクルーになったお祝いにオリガからもらったネックレスを付けて訓練していたヒビト。
マクシムから話題をふられヒビトに似合う似合わないと盛り上がっていたところに、ユルは告げる。
その石はターコイズでパワーストーンであること、勇気と行動力を持たらしてくれる石であること、“人生の旅の守護石”であり宇宙飛行士が持つにふさわしい石であること。
石の意味と、それを選んでくれたオリガの想いを知ったヒビトは、ネックレスを大切に身に着ける。

この時、マクシムには“ミステリアス石コロ博士”と命名された。

NASA時代とはまた違う表情をみせてくれるヒビトと、ロシアの個性的なクルーたちとのやりとり。
今後益々信頼や絆を深める彼らの月面への物語も、また楽しみである。