宇宙兄弟グッズ製作秘話

宇宙兄弟グッズ製作秘話

宇宙兄弟のグッズ製作中の裏話や、グッズに込めた想いをスタッフがお伝えします!

ムーンウォーカー気分を味わえちゃう?六太と日々人の月面着陸の喜びをモチーフにした「ムーンウォーカースニーカー」★☆

ムーンウォーカー気分を味わえちゃう?六太と日々人の月面着陸の喜びをモチーフにした「ムーンウォーカースニーカー」★☆

こんにちは!春をこよなく愛するハルカです。
東京では桜の開花宣言がありましたね◎

暖かい日が増え、
“青空の下、月での日々人のように思いっきりジャンプして駆け回りたい!!”
なんて思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、そんなみなさんにお届けしたいアイテム
「ムーンウォーカースニーカー」です!!

ショルダーバッグ、リュック、パーカーと過去に大好評だった「ムーンウォーカーシリーズ」。

過去の「ムーンウォーカーシリーズ」(販売終了)

 

今回の「ムーンウォーカースニーカー」はシリーズ第4弾です!

「ムーンウォーカーシリーズ」は、漫画を忠実に再現したものとは違い、宇宙兄弟のエピソードがちりばめられた日常になじみやすいアイテム。
1.宇宙飛行士からインスパイアを受けたもの
2.宇宙兄弟のエッセンスがちりばめられたもの
3.カッコいいだけでなく、使い勝手もいいもの
この3点を軸に製作しています。

 

7巻で日々人が、26巻で六太が、子どもの頃からの夢であったムーンウォーカーになりました。


*************************


*************************

 

夢を叶えたふたりの喜びをモチーフにしたスニーカーです!!
デザインは、黒のキャンバスをベースに、黒のラバーソール、一見シンプルながら鮮やかなブルーのソールを採用し、男女問わず、カジュアルからキレイめなファッションまで自由に合わせることができる定番アイテムに仕上がっています。

日常になじむシンプルなデザインの中に、キラリと宇宙兄弟のエッセンスが含まれているんです!
その秘密を紹介しちゃいます!!

1.宇宙飛行士 インスパイアアイテム

世界中が見守った六太と日々人の月面最初の一歩(六太は一手になりましたが…)。
ふたりが子どもの頃に描いた「月へ行く」という夢を叶えたその瞬間は、漫画の中でも印象に強く残ったシーンのひとつだと思います。

あの感動を暮らしの中で感じられるよう、日常使いができることを前提に、ふたりが着用していたEVAスーツのエッセンスを取り入れたデザインに仕上げました。

 

■青色のアウトソール

スニーカーの底面となるアウトソールは、EVAスーツの足元と同じく青色に。
明るい青色を採用しており、私は宇宙から見た地球を思い浮かべちゃいました◎
歩いた時にチラッと見える裏面の青色が、ワンランク上のオシャレを引き出してくれそうです。

しかも、触るとザラザラとしていて、まるでレゴリスのよう!月にいるような気分を味わえちゃうかも?しれません♪

 

■ラインが入ったラバーのつま先

つま先部分は日常使いができることを重視し、キャンバス部分と同じ黒色のラバーで覆ってシンプルにまとめています。
それで終わらないのが、宇宙兄弟アイテム!
よく見るとEVAスーツをイメージした太めの縦ラインが入っているんです!!

宇宙飛行士のように、このスニーカーを履いた際には最初の一歩を楽しんでもらえると嬉しいです^^

2.宇宙兄弟のエッセンス

「月に行く」という夢にまっすぐに進み続け、願いを叶えた日々人。
彼の月面での最初の一歩は、まるでウサギのような軽やかなものでした。
何度も何度も飛び跳ねている日々人の姿から、抑えきれない喜びが伝わってきましたよね。


*************************



 

「月へ行く」という夢を無理だと思い込みながらも、たくさんの出会いや協力を得て、願いを叶えた六太。
彼の月面での最初の一歩は、つまづいてしまい一手というカタチになってしまいました。
ようやく夢を実現したという心の底から湧き出るような喜びに包まれる中、ロシアで頑張っている弟のことを強く想った瞬間だったのではないでしょうか。



*************************






夢を叶えるまでの道のりも、月に到着したその喜びも、それぞれ違うものでした。スニーカーは六太と日々人、ふたりの異なる想いを一足で感じられるアイテムとなっています!

ポイントは、月面でのあのシーン☆彡
ふたりの月面着陸の証がエッセンスになっているんです!!

 

■66と51

この数字、すぐにわかった方が多いのでは?
そうです!六太のCES-66と日々人のCES-51の番号です。

スニーカーの左足には66、右足には51と刻まれているんです!!!(私の中で一番魅力的だと感じているポイントです★☆)
これは月面での、ふたりの足跡が並んだシーンをモチーフにしています。

足跡を残した日々人、その横に足跡を残した六太。
そして、足跡の横に指で書かれた、兄弟が月に行った証である文字。
この世界観を表現したいと思い、“66”と“51”の数字は印字ではなくあえて彫にし、そこにレゴリスを思わせるグレーを塗り込みました。
(印字された文字は薄くなりがちですが、彫にしてあることで文字が薄くなりにくく保たれるのも嬉しいポイントだったりします)

 

そしてスニーカーを脱いだ時にも宇宙兄弟らしさを感じてワクワクするよう、インソールの左には”CES-66”、右には“CES-51”とプリント!
スニーカーを履く時や脱いだ時にこの数字を見ると、ちょっとだけ勇気がもらえるような気がしませんか^^

 

■ムーンウォーカーに仲間入りできちゃいそうなオリジナルボックス

スニーカーはオリジナルボックスにてお届けします!シンプルかつ定番のカタチでデザインされたスニーカーに合わせて、ボックスもミニマルに仕上げました。

六太や日々人たち宇宙飛行士が月面で作業する工具箱をモチーフとしており、ボックスには名前を書くところが用意されているなどシンプルな中にも遊び心を感じさせるデザインとなっています。
ローリーが“涼しい!(COOL)”と言ってくれそうなシンプルなカッコよさが魅力のボックスは、靴を取り出した後、工具をはじめ小物入れのように活用して、宇宙飛行士になった気分を味わってみてはいかがでしょうか。

3.カッコいいだけでなく機能的

“こっそりと宇宙兄弟を楽しめるような気軽に身に着けることができるアイテムが欲しい!”
“宇宙兄弟でフルコーディネートを考えられるようアイテムを揃えたい!”

まずは気軽に使えるものからデビューしたいという方、ムーンウォーカーシリーズを集めている方、どちらの希望も叶えられるよう、今回は宇宙兄弟のエッセンスをしっかり盛り込みつつもさりげなく身に着けられる「スニーカー」の製作に取り組みました。

さらに、ファッションとしてカッコよく、日々人のように飛び跳ねられるほど履きやすいスニーカーに仕上げられるよう、年間約500万足ものスニーカーを手掛けている「株式会社ムーンスター」に製作をお願いしました!
(ご縁を感じてしまう社名です☽☆)

145年以上の長い月日のなか“精品主義”を脈々と受け継ぎ、ひたむきに靴をつくり続けてきた同社では、コンバースでも採用されているヴァルカナイズ製法というレアな技法でスニーカー作りを行っています。

ヴァルカナイズ製法とはスニーカーの接着方法のこと。スニーカーのアッパー(本体上部)とソール(靴底)の間にゴムをはさみ、硫黄等の加硫剤を加え圧力をかける事で、ゴムを硬化させてスニーカーを接着する製造方法です。しなやかで剥がれにくいという嬉しい特徴を持っています。
「ムーンウォーカースニーカー」もムーンスターの職人たちがヴァルカナイズ製法にて、1点1点手作業で丁寧に作り上げます。

©︎株式会社ムーンスター

スニーカーの舌裏には、“moonstar”の文字。
心を込めて作りお届けする、そんな熱い想いとプライドが込められているように思えます。

©︎株式会社ムーンスター

宇宙飛行士気分で一歩前へ

2020年、六太は26歳、日々人は23歳。夢を諦めた兄と夢に真っ直ぐ突き進む弟、ふたりがまったく違う道を歩んでいたころです。
それから兄は会社をクビになり、前途多難とも思える状態に。しかし六太は日々人の助けもあって宇宙飛行士になることができ、ふたりとも月へ行くという夢を叶えました。

想いは叶うと信じてひたすら前進することも、挫折しても立ち上がって進んでいくことも、自身の努力はもちろんですが、たくさんの支えがあり、行動につながったのだと私は思います。
六太と日々人の月面着陸をヒントにし、ムーンウォーカーの想いと喜びを感じてもらえるよう製作した「ムーンウォーカースニーカー」。一歩前に進みたいというあなたの思いをそっと後押ししてくれるかもしれません。

注文後、1足1足、丹念に手作業で作り上げるため、お届けは8月を予定しています。
ウォーキングにぴったりな季節に間に合わせてお届けしますので、秋に出かけたいところを想像して“バクバク”しながら待ちたいですね!