宇宙兄弟グッズ製作秘話

宇宙兄弟グッズ製作秘話

宇宙兄弟のグッズ製作中の裏話や、グッズに込めた想いをスタッフがお伝えします!

時計好きの小山宙哉がデザイン監修!宇宙を感じながら、時を刻む「宇宙兄弟カジュアルリストウォッチ【10周年記念アイテム】」ができました。

時計好きの小山宙哉がデザイン監修!宇宙を感じながら、時を刻む「宇宙兄弟カジュアルリストウォッチ【10周年記念アイテム】」ができました。

こんにちは。スタッフのアユミです。

紅葉がきれいに色づいてきたかと思えば、今年もあとわずか1か月。ひんやりした風が冷たく、ようやく冬の訪れを感じる季節になりました。クリスマスは何を食べようとか、お正月はどう過ごそうとか、毎年のことながら、年末が近づいてくるとわくわくしますよね。

今日は、そんな季節にぴったりな読みものをお届けします。
小山宙哉さんと約2年の製作期間をかけてつくりあげた「宇宙兄弟カジュアルリストウォッチ【10周年記念アイテム】」の制作裏のストーリーです。

今回は小山さんのこだわりの大きさだけ、お伝えしたいことがたくさんあります。少しボリュームがありますが、どうぞ最後までおつきあいください^^


▶宇宙兄弟カジュアルリストウォッチ【10周年記念アイテム】発売は12月12日から!

 

宇宙に浮かんでいる、月と地球をモチーフにした、
『宇宙兄弟』オリジナルデザインのクロノグラフ腕時計。

黒ベルトの方は、月から地球を想うムッタを、茶色い方は、地球から月を想うヒビトをイメージしたデザインです。

『宇宙兄弟』26巻で、ムッタがついに月面に到着したときに、シャロンがくれたメッセージを覚えていますか?


つかず離れず、だけどお互いのことをちゃんと見ている、まさに月と地球のようなムッタとヒビトを腕時計に表現しました。

時計好きの小山さんが全面監修!
2年をかけてつくられた、オリジナルの腕時計

今回この『宇宙兄弟』オリジナルの腕時計をつくることになったのは、じつは小山さんのアイディアでした。

お気に入りの腕時計をいくつも持っているほど、時計好きの小山さん。当時何かつくりたいグッズがあるか伺ったときに、まっ先に出てきたのが「腕時計」だったのです。

そんな背景もあり、小山さんが全面的にデザインを監修し、細部までこだわり抜いた「宇宙兄弟カジュアルリストウォッチ【10周年記念アイテム】」
こちらでは、とくにこだわった3つのポイントをご紹介します☆

1. クロノグラフ

ひとつの腕時計に、いくつもの文字盤が組みあわさり、ストップウォッチの機能もついているクロノグラフは、小山さんが個人的にもお気に入りなのだそう。

33巻で、エディがムッタに預ける腕時計もクロノグラフでしたね。エディの言葉にあるとおり、アポロ11号でバス・オルドリンが宇宙で着けていたのもクロノグラフだったのだとか。


デジタルのものがどんどん普及しているなか、手巻き時計ではないものの、時計職人たちの技術が生み出した、アナログならではの味わいが感じられる腕時計です。

2. レトロで宇宙感のあるドーム型風防ガラス

昔ながらの懐中時計を思わせる、ドーム型風防ガラスも小山さんのこだわり。

フラットでスマートな印象のクリアガラスの腕時計が多いなか、やさしいまるみを帯びた厚めのガラスは、ちょっぴりレトロで、宇宙船の窓ガラスのような印象に。

レザーのベルトが腕にやさしくフィットするので、ほどよい重みが心地よく、安心感を与えてくれます。

3. 宇宙空間に浮びあがる、月と地球

製作期間の多くを費やし、小山さんが妥協することなくデザイナーさんと追求したのが、月と地球が宇宙空間に浮かびあがる立体感の表現でした。

当初は、地球も月もイラストの想定で話をすすめていたものの、どうしても立体感を出せなかったことから、リアルな写真を使ってみることに。さらに、色味を調整したり、境界線のラインをなくすことで、背景が主張しすぎることのない、浮かんで見えるぎりぎりのところを目指したのです。

ぜひ、お手元に届いたらまずは、この立体感を楽しんでいただければと思います^^

▶宇宙兄弟カジュアルリストウォッチ【10周年記念アイテム】発売は12月12日から!

じつは、こんなところにも!
腕時計にこっそり隠れた、“宇宙兄弟らしさ”を探そう♪

パッと見ただけでは『宇宙兄弟』のアイテムだと気づかないほど、コンテンツ感がひかえめな今回の腕時計ですが、じつは、あちらこちらに原作とリンクしたデザインが隠れているんです。小山さんの遊び心がつまった、細やかなこだわりをさくっとお見せします!

まず、ムッタver.は、ムッタのラッキーナンバーである「6」の下に「LUCKY」の文字。ブルーの色もアクセントになっています。こちらは秒針の赤、短針と長針の白とあわせて、宇宙服の色をイメージしたもの。

一方、ヒビトver.は、オリガがヒビトに贈ったターコイズのネックレスにちなんで、秒針がターコイズカラーに。そして、よく見ると12時の上の△マークがベージュ色…!
すでにお察しの方もいらっしゃると思いますが、ヒビトのつんつん頭をイメージしているんです。

両デザインとも、文字盤に「SPACE BROTHERS」のロゴと「NAMBA」のワッペン入り。さらに、腕時計の裏側は、ISSのハッチをイメージしたデザインになっています。こんなところにも、小山さんのアイディアが◎

気づくと思わずにやっとしてしまうような、分かる人にしか分からないくらいのさりげなさで『宇宙兄弟』らしさが散りばめられているので、宝探しのような感覚で、楽しんでいただけると嬉しいです^^

▶宇宙兄弟カジュアルリストウォッチ【10周年記念アイテム】発売は12月12日から!

毎日を刻むものだから、
大切な人に贈りたい。

せりかがISSに旅立つ前、ムッタが腕にはめていた手巻き時計を渡すシーンがありましたね。そして、ジョーカーズがふたつに別れて帰還することになったとき、エディがコマンダーの証としてムッタに大切な腕時計を預ける場面も。

そんな風に、作品の中で、特別なシーンや大切な相手に贈るものとして描かれてきた腕時計は、もしかしたら、小山さんご自身にとっても、なにか大切なエッセンスがあるものなのかもしれません。

『宇宙兄弟』10周年の締めくくりアイテムとなる、今回の腕時計。あなたもこの腕時計とともに、これから歩みたい道に向かって、時を刻み始めませんか。

なんてことのない毎日も、友だちや家族とのお出かけも、恋人と過ごす1日も、いろんな時を刻みながら、あなたの日々に寄り添ってくれるはず。

大切な人への贈りものにしたり、“月と地球”のようなふたりで、ペアで着けるのもすてきです。


▶宇宙兄弟カジュアルリストウォッチ【10周年記念アイテム】発売は12月12日から!