宇宙兄弟のある暮らし

宇宙兄弟のある暮らし

宇宙兄弟オリジナルグッズを企画・開発しているコルク MDチームスタッフが綴る不定期の日常コラム。スタッフ愛用品のご紹介、着用レビュー、グッズに思いを馳せた妄想、時々、製作風景。日常に「宇宙兄弟」を忍ばせる楽しみを一緒に発見できますように。

【2019年】今年発売の『宇宙兄弟』公式ストアグッズ ふりかえってみました

【2019年】今年発売の『宇宙兄弟』公式ストアグッズ ふりかえってみました

背啓  宇宙兄弟をこよなく愛する同志のみなさま

寒さもひとしお身にしみるころ、いかがお過ごしでしょうか?
私は、寒い中、温かくて美味しいものを食べて、胃が急に温まる感覚を楽しんでいます。商品企画担当・ささきです(ひっそりと2回目の登場です)。

さて、年末が近づくと、今年は何をしたかなあ…とふりかえりをしたくなりますね。

そこで、このたびお送りするのは、コルク MDチーム!
(MDとは、マーチャンダイジングの略らしく、商品の企画開発からお届けまでを行なうチームのことです。私はコルクに入って初めて知りました。)

2019年は、みなさんご存知 アポロ月面着陸50周年 という記念年でした。
ムッタとヒビトの目指した月をもっと身近に感じたいなあ、もっと月を見上げるきっかけが欲しいなあ、夜だけでなくて、日常でも『宇宙兄弟』をふっと思いだしたいなあ、もっと『宇宙兄弟』を好きになりたいなあと思い、MDチームはせっせと過ごしてきました。

1つのグッズをお届けするまでの道のり。それは長いようであっという間。

こんなグッズがあったらいいなを思いついて、作って、お知らせをして、お届けをするまで。ずっと夢中で1つのグッズを見続けていると、本当にあっ!という間なのです。

そんなあっという間を重ねていたら1年経っていた!という感覚には、みなさんも思い当たる節があるのではないでしょうか。1年というのはいつでも早いものですね…。本当に365日ありましたか…。

でも、「あっという間」にしておくのは勿体ない。この文章を読んでくださっているあなたも、MDチームも、年末。ふりかえりをしたくなりますね。

私たちMDチームも、『宇宙兄弟』の力を分けてもらい、世界に生み出すことのできた(大げさ)、グッズへの愛をふりかえりたい…! というきもちで、2019年、MDチームが夢中になって作ってきた公式グッズをふりかえって、新年を迎える準備をしたく、もしよろしければ、おつきあいくださいませ。

※ なお、各シーズン、MDチームより1人ずつpick up goodsへの愛を綴っています。はじめましての方も多いと思いますが、これからどうぞよろしくお願いいたします!

 

しが:MDプロモーション担当。
喜怒哀楽がないと言われるけどあります。とにかくお酒と野球が好き。レモンサワー党。

📍 pick up goods

 

毎日着ています【ムーンウォーカーパーカー】。
誇張なく毎日です。
最高に使い勝手がよいのです【ムーンウォーカーパーカー】。
偽りなく本心です。

MDプロモーション担当のしがです。
『宇宙兄弟』は好きだし『宇宙兄弟グッズ』も好きで今の仕事をしてます。
でも悲しきかな、僕はファッションへのアンテナがピクリとも立ってないMD担当なのです。

小学生のときは、白いTシャツ
中学生のときは、紺のブレザー
高校生のときは、黒の詰め襟
大学生のときは、白いシャツ
社会人になって、紺のスーツ

毎朝何を着ればいいか考えるのが苦手で、
基本的には同じ服装をずっとしていたいと思って生きてきました。

小学生のときのジーパン、
中学生以降はシャツや時計、
社会人になってからはネクタイを変化させることでやり過ごしてきた日々。

『宇宙兄弟』の職場は服装が自由です。
大人になって今更手に入れてしまった服装の自由。
かつての制服やスーツの規定がどれだけ楽だったことか。

MDスタッフには僕の他に3名の女性がいて、いずれもオシャレです。
恥ずかしい話、僕だけファッションへの感度が著しく低い。

だからこそといいますか、
①毎日着ても恥ずかしくない
②下に何を着ても形になる
③宇宙兄弟の文脈でも楽しめる
④でもいわゆる”マンガグッズ”的なダサさがない
【ムーンウォーカーパーカー】はファッションが苦手な僕にとって最高の商品でした。

パーカー全体のシルエットも、
背中の「Let’s go to space, brother! 」の言葉も、
さりげなくカッコいい。
『宇宙兄弟』ファンの方と話すときは、話すきっかけにもなる。

僕にとっての【ムーンウォーカーパーカー】は秋〜春の制服です。
商品企画担当のささきさん、またパーカーを作って欲しいです。

おおのMDお届け担当。
素敵な作品や商品をお手元までお届けする仕事をしています。コルクショップの中の人。ビール党。

📍 pick up goods

 

はじめまして。
公式ストアの運用や、商品の管理・発送を担当しています、おおのです。
お買い物を安心して楽しんでいただくためにどんなことができるかなぁ、と
日々考えながら『宇宙兄弟』の商品に関わらせていただいています。

でも、正直にいいますと
寝ても覚めても・・・というわけにはいかず・・・
家に帰ると、最近月が好きな4歳の息子&2歳双子の3人に翻弄されて、
子育てでバタバタとした毎日を送っています。

そんな私が今年、特にお気に入りだったのが、
36巻記念セット商品のIKEUCHIオーガニックさんとのコラボ【月面足跡バスマット】!

ご存知の方も多いと思うのですが
IKEUCHIオーガニックさんと『宇宙兄弟』のコラボはこの商品が第3弾です。

第1弾は【シャロンのブランケット】
第2弾は【タオルケット・バスタオル】

どちらも
しっとり。フワフワ。優しく包み込んでくれるよう肌心地。
手触りの良いものが好きな私は、それだけでもううっとりとしてしまうのですが
さらにそこに『宇宙兄弟』のストーリーが織り込まれている。
・・・なんて贅沢!!
となるわけです。

我が家には、第2弾の【タオルケット・バスタオル】が1枚づつあるのですが、
眠る時にタオルがないと落ち着かない子供たちは
数あるタオルの中からこの【タオルケット・バスタオル】を好んで選ぶように!

「あれ・・また取られてしまった・・・」ともなるのですが、
子供たちが『宇宙兄弟』のタオルを真っ先に手に取っていくのを見ると
想いのこもったものってきちんと伝わるものなんだなぁ、と
勝手に熱くなってしまいます。

そして、待望の第3弾が、今年発売された【月面足跡バスマット】!

商品企画のささきさんが次々とデザイン案や施策を詰めていくなか、
「その大きさならぴったりだな」とか「色味はもう少し薄めがいいな」と、
早い段階から自分の家に置くことばかり考えてしまっていました。

自分だけならまだしも、家族も気に入ってくれるものだったら
手に入れずにはいられません。

肌触りも吸水性も最高!!なのに加えて、
毎日のお風呂の時間、浴室を出入りする子供たちが
ムッタとヒビトの足跡にペタペタッ!と乗っかる瞬間が愛しくて。

私にとっては、逃げ惑う濡れた子供たちを追いかける時間だったお風呂が、
毎日をちょっと癒してくれるかわいい時間に変わりました。

ちなみに、購入くださった方から
「洗い替え用に、単品でもう1枚買いたかった」
という声をいただきました。

実際私も使っていて、確かに。。
お気に入りを長く使っていただけるような工夫も、今後ご提案できたらなと思います。

ささき商品企画担当。
小説、時々漫画と、お酒とこどもを愛してやみません。日本酒党。

📍 pick up goods

 

改めて、ささきと申します。ただ記事タイトル案を送ったつもりが「妄想するな」とご指摘を受けがちの、商品企画担当です。

でも、妄想をする、良い未来を想像する、夢を見る、そういうことって楽しいですよね。
そして、ひとつの想像が夢みたいに叶うことは時々人生に起こるのです。

それが、月面着陸50周年記念をお祝いして限定発売した、スノードームならぬ【スタードーム】。

2019年屈指の人気アイテムに育ちましたが、これは、私たちのアイデアではありません。

始まりは、2018年11月。コヤチュー部オンライン部室の方が「スタードームがあったらいいな」とオンライン部室内「公式ストアグッズ企画部」に投稿してくださったのです。

ブライアン人形とエディ人形が並ぶスタードーム。
雪の代わりに、星降るレゴリス。
机の上に、手のひらサイズのJ兄弟。

ぜったいに素敵…。
私もスタードームが欲しい!と飛びついたのが12月。

それからすぐに、何も疑わず、誰に言うのでもなしに、メーカーさんに相談をし、サンプル製作に取り掛かっていたのです。「スタードーム!絶対いい!」という無敵モード。まさにゾーン状態で作り続けていました。

そこに、今年は2019年。1969年7月20日のニール・アームストロングと月着陸船操縦士エドウィン・オルドリンが月面に降り立った日から、50年。

多くの人は、お馴染みの写真を思い浮かべるかもしれません。

ただ、私たち『宇宙兄弟』の読者が思い浮かべるのは、
ヒビトのムーンジャンプ。
ムッタの最初の一手。
そして、ブライアン人形とエディ人形が並ぶあのシーンでしょうか。『宇宙兄弟』のシーンを手に、50年前の月面に思いを馳せることができたら…。

こうして、2019年7月10日、【スタードーム】を発売することになり、有り難いことに、みなさんに大好評に迎えていただいたのです。

これは、誰の「あったらいいな」だったのでしょう。

始まりは、発案者である方のひとつの想像です。ブライアン人形とエディ人形が並ぶ思い出のシーンを、生活でふと目にできたら…。そして、その想像が現実のものになり、多くの人に「あったらいいな」と思っていただけた。
みんなで「あったらいいな」を共有できることがMDなのかなあ、と思うグッズでした。

【スタードーム】は、こうしてひとりの想像を実現しつつ、『宇宙兄弟』に登場するもうひとつの兄弟・J兄弟の夢を多くの方の手元で叶えたのでした。

(ガムさん、見ていますか… とっておきのアイデアをありがとうございました!)

くりす:MDボス。
お酒飲んで笑って夢中になって仕事して本を読んでピアノを弾いてゆるく生きて旅をして海。ワイン党。

📍 pick up goods

 

子供の頃にミャエルエンデの「モモ」に出会ってから、
時間と私との関係は特別なものです。

私にだけ私の速度で流れる私の時間があって、
社会の時間の流れとはいつもあわない…

世間的に言うと時間を守ることは苦手なのだろうけれど、
時間には思い入れがある。

急ぐと進まないし、楽しむと進むし、
そんな自由自在な時間の流れが好きなのです。

そんな私と時間の関係に新しい仲間ができる!せりかの時計。

ALSが治る未来への時間軸が私の時間にプラスされて、
時間との関係がまた深まりそうです。

最後に、、、!

now on sale!(2019年12月26日20時現在)

宇宙兄弟37巻記念セット発売中!