アポロ11号のミッションにも参画する宇宙ペン!「フィッシャースペースペン」とは? | 『宇宙兄弟』公式サイト

アポロ11号のミッションにも参画する宇宙ペン!「フィッシャースペースペン」とは?

2024.05.15
text by:編集部コルク
アイコン:X アイコン:Facebook

5月15日に発売となった、フィッシャースペースペンの宇宙兄弟モデル

アポロ11号の月面着陸を始め、数々のスペースミッションに参加し、現在もアメリカ・ロシアの区別なく多くの宇宙計画で使用されているペンです。

宇宙飛行士たちが実際に使うこのペン、実は、宇宙兄弟の作中にも登場しています。

宇宙空間で登場するシーンは、ヒビトの初めての月面ミッションのとき。

ロケット発射後、無重力空間に突入したときに、くるくると回していたペンが、フィッシャースペースペンの「アストロノート」というシリーズです。

地上では、NASAプログラムマネージャーのゲイツの私物として登場します。

こちらも、「アストロノート」シリーズ。ペンを触ってみると、このノック部分がクセになる感触なのですが、ゲイツもカチカチとノックしていますね。

フィッシャースペースペン「アストロノート」シリーズの宇宙兄弟モデル

20世紀の宇宙開発の歴史の中にも、宇宙兄弟の作中の中にも登場するフィッシャースペースペン。

宇宙兄弟モデル発売を記念して、改めて、フィッシャースペースペンについて紹介していきます☆

▼5月31日まで期間限定販売
特設ページはこちら


100万ドル以上の巨費を投じて開発!

フィッシャースペースペンとは、1948年、アメリカ イノリイ州シカゴにて創業した「フィッシャー・スペースペン・カンパニー」が製造しているボールペン(現在はネバダ州ボルダーシティに移転)。創業者はポール・C ・フィッシャーという人物で、なんと世界で初めてのボールペン「レイノルズ」の開発に携わっていたエンジニア・発明家です。

ポール・C ・フィッシャーは、まず1953年に「ユニバーサルリフィルカートリッジ」を発明し、ほとんどのペンに適合するリフィルカートリッジが誕生しました。この発明より以前は、文房具店が各ペンブランド/モデル用に、個別でインクカラーを取り揃えなければならなかったそうで、筆記具業界にとって大きな革命となりました。

その後、ポール・C ・フィッシャーは、1960年代の宇宙開発競争の中で、宇宙空間で使用できる「スペースペン」の開発に着手します。そして1966年、密封・加圧された「フィッシャースペースペン®インクカートリッジ」(特許#3,285,228)を開発し、重力のない空間でも浮いていても、どんな状況でも書けるペンが誕生しました。

NASAによる厳格な18か月のテストの後、1967年、スペースペンはアポロ7号のミッションで宇宙飛行士たちによって実際に使用されました。それ以降、多くの有人宇宙飛行で使用され、1969年の人類初の月面着陸を成功させたアポロ11号の船内でも、ヒビトやゲイツが持っている「アストロノート」シリーズが使われています。

このスペースペンの開発には、100万ドル以上の巨費が投じられました。

フィッシャースペースペンは、現在も数々のスペースミッションで使用されています。

《フィッシャー・スペースペンの代表モデル「アストロノート」シリーズ》

アストロノート AG-7

AG-7は人類初の月面着陸を成し遂げたアポロ11号のクルーによって始めて使用された歴史的モデルです。「宇宙船クルードラゴン」(2020年5月)に搭乗した宇宙飛行士もAG-7を携行しました。

アストロノート CH-4
アストロノート CH4BC

ISS(国際宇宙ステーション)には、やや細いモデルのCH-4が常備されています。今回の宇宙兄弟モデルもアストロノート CH4BCがベースとなっています。

▼5月31日まで期間限定販売
特設ページはこちら

宇宙空間で書ける、ヘビーデューティの秘密

フィッシャースペースペンは、宇宙空間で使えるだけでなく、水中でも、極端な低温・高温環境でも、どんなときにもしっかり書ける、耐久性バツグンの商品! 真鍮製で、硬質クロム加工またはパウダーコーティングが施されており、デザインも質実剛健なヘビーデューティな商品です。

ところで、通常のボールペンで、逆さま向きに書いたことはありますか?

通常のボールペンは、重力によりインクがペン先のボールへと落ちていく仕組みで、文字が書けるようになっています。そのため、上向きで書こうとすると、インクがペン先とは逆方向に下がってしまい、さらにペン先から空気が入り込むと、書けなくなってしまいます。重力でインクが落ちていかない無重力空間では、通常のペンでは書くことができません。

しかしスペースペンは、内部に封入された窒素ガスの圧力によってインクがペン先ヘと移っていきます。先端のボールは、超硬合金のタングステンカーバイトを使用。ソケットはステンレス製で気密を保っています。そのため、逆さにしてもインクが途切れず、無重力状態や水中、極端な低温・高温下(-34~+121℃)においてもスムーズに書くことができるのです。

また、特殊な粘着性の強いインクが密閉されているため、ドライアップ(乾燥)がなく、100年以上の保管ができるとされています。

フィッシャー社の公式サイトによると、宇宙開発で利用されるだけでなく、エベレスト北壁スキー探検隊でも使用されているそうです。

From outdoor enthusiasts, to contractors and tradesmen, those serving in the armed forces, and artists and journalists… All demand performance, and the Space Pen delivers.

https://www.spacepen.com/ (フィッシャー社公式サイトより)

宇宙飛行士以外にも、アウトドア好きの方から建設業者、芸術家やジャーナリストまで…… フィッシャースペースペンがあれば、安心して書き物ができそうですね。


▼5月31日まで期間限定販売
特設ページはこちら

スタッフが実際に使ってみました!

水の中でも書ける、ということで、スタッフが実際に書いてみました!

スルスルと、しっかり書ける!インクの出にくさや、詰まる感じは全然ありませんでした。

水の中から取り出しても、文字は溶け出さずくっきり残っています!

雨の日に外でメモを取るような現場や、レストランやカフェの厨房など水回りでのメモ書きにもオススメできる商品です。

▼5月31日まで期間限定販売
特設ページはこちら

***

人類の宇宙開発の歴史を共に歩んできたフィッシャースペースペン。
宇宙技術を生活の中に取り入れてみませんか?

宇宙兄弟×フィッシャースペースペン
価格:23,000円(税込、送料込み)
タイプ:ノック式
サイズ:128mm/軸径8mm
重さ:27g
※レフィルはメーカーショップでの別売りとなります

ご予約は【5月31日(金)23:59】までとなります。