宇宙関連情報 「宇宙兄弟」をより楽しむための宇宙に関する情報をまとめてます

【2020年4月8日】「スーパームーン」情報★

【2020年4月8日】「スーパームーン」情報★

今年は天文現象において、比較的好条件の年とも言われています。
2020年4月に起こる天文現象として、最も大きく見える満月「スーパームーン」についてご紹介します!

2020年4月8日のスーパームーン☆

4月8日は、2020年の間に見える満月の中では特に大きく見える日となります。
この時、月と地球の中心までを示す地心距離では約35.7万kmまで近づきますが、満月となる瞬間の11時35分は、あいにく日本で月を見ることはできません。

満月となる前の時間にはなりますが、同日の3時9分が、1公転の間で月が地球に最も近づく「近地点」となるため、「スーパームーン」と捉えても良いのかもしれませんね。

地球に最も近い満月になる時刻:2020年4月8日 11時35分
月が地球に最も近づく「近地点」の時刻:2020年4月8日 3時9分

月と地球の距離は一定ではない

月の軌道は太陽や地球などの重力を受けてわずかに変化し、地球の周りで不規則に楕円の軌道を描いています。
そのため月と地球の距離は一定ではありません。満月における地心距離は、約35.6万kmから40.7万kmの間で変化すると言われています。

最も大きな満月は最も小さな満月に比べて、見た目の差は14%も大きく見え、それに伴い30%明るく見えます。

ちなみに2020年の満月で、最も小さく見えるのは10月31日。ハロウィンの日と重なるので覚えやすいですね。


(画像引用:仙台市天文台)

2020年最4月8日の最大の満月:約35.7万km
2020年最10月31日の最小の満月:約40.6万km

 

各地で外出自粛が呼びかけられていたりなど、暗いニュースが飛び交う昨今に、少し疲れてきてしまうこともあるかもしれません。そんな時こそ窓からでも外に少しだけ目を向けてみて、心を癒してくれる夜空の月や星々の存在にも注目してみてほしいのです。
今年のスーパームーンも、もしも目にする機会があれば眺めてみましょう!

 

参考記事:
地球に最も近い満月(2020年4月) | 国立天文台(NAOJ)

2020/04/08 今年最大の満月/10/31 今年最小の満月 – 天文情報 – 仙台市天文台

 

お家に居ながら星や宇宙を楽しむ方法

一定期間の休館やイベントの中止など、プラネタリウムや天文台などの施設の利用が難しい今、星や宇宙が好きな人、学びたい人のために、お出かけしなくても星や宇宙を楽しめる方法を集めてみました!
>>詳しくはこちら

<スタッフプロフィール>
ゆみ

星空をこよなく愛する宙ガール☆天文初心者のため勉強中です。
温泉と旅も大好き。いろんな所をめぐって、その魅力をお伝えします^^