宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─

宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─

「私」はどこからきたのか?1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイメジネーションあふれる渾身の書き下ろし!

ナチスの欲したロケット/『宇宙に命はあるのか 〜 人類が旅した一千億分の八 〜』特別連載05

ナチスの欲したロケット/『宇宙に命はあるのか 〜 人類が旅した一千億分の八 〜』特別連載05

「私」はどこからきたのか?1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名の女性プログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答え──。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイメジネーションあふれる渾身の書き下ろし!

『宇宙兄弟』の公式HPで連載をもち、監修協力を務め、NASAジェット推進研究所で技術開発に従事する研究者 小野雅裕さんがひも解く、宇宙への旅。 小野雅裕さんの書籍『宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─』を特別公開します。

書籍の特設ページはこちら!

軍はVfRのロケットに興味を持ち、こんなオファーを提示した。VfRが軍の演習場でロケットの実験をする。成功すれば1367マルクを支払う。慢性的金欠のVfRにとっては渡りに船だった。だが、実験はロケットがあらぬ方向に飛んで大失敗に終わった。大言壮語を繰り返すVfRのリーダーにも軍は幻滅した。

一方で、軍は思わぬ掘り出し物を見つけた。フォン・ブラウンだった。燃えるように熱い宇宙への夢を抱いたこの若者はまた、とても二十歳とは思えない知識とリーダーシップ、そしてカリスマを備えていた。軍はこの男に惚れた。そこでVfRのロケットを買うのをやめ、代わりにフォン・ブラウンを、彼の夢と一緒に買い取ることにしたのだった。

フォン・ブラウンは軍に雇われることに何の迷いもなかった。彼はこう回想している。

「オモチャのような液体燃料ロケットを、宇宙船を打ち上げられる本格的な機械にするために必要な莫大な金額について、私は何の幻影も抱いていなかった。陸軍の資金は宇宙旅行に向けた大きな進歩のための唯一の希望だった。」

フォン・ブラウンは究極のロマンティストであると同時に、徹底的なプラグマティストでもあった。夢を叶えるには金がいる。宇宙だけではない。ビジネスでも、スポーツでも、慈善事業でさえもそうだ。夢は持たなくては叶わないが、持つだけでも叶わない。現実という汚泥の中に恐れず手を突っ込みつつも、夢は一切汚さず純粋なままで持ち続けること。それが、夢を叶えるための条件なのかもしれない。

陸軍に雇われたフォン・ブラウンは、本格的な液体燃料ロケットの開発に取り掛かった。ロケットの父たちが宇宙へ行くための手段として考案したロケットである。

〈図1〉固体燃料ロケットと液体燃料

 

最初に中国で発明されたロケットも、一九世紀にヨーロッパで利用されていたものも、現代の悪ガキがぶっ放すロケット花火も、「固体燃料ロケット」と呼ばれる種類のものだ。図1にその動作原理を示す。 一箇所だけ穴のある容器の中で火薬を燃やすと、高温高圧のガスが発生して勢いよく穴から吹き出す。その反作用でロケットは前に進む。だが当時の黒色火薬では噴出ガスの速度が足りず、第一宇宙速度の秒速7.9 ㎞に達するのは非現実的だった。液体燃料ロケットもガスを噴射して進む根本原理は同じだ。違いはガスの発生方法にある。図1のように、液体ロケットには二つのタンクがあり、片方には液体の燃料(ガソリンや液体水素)、もう片方には酸化剤(たとえば液体酸素)が積まれている。ポンプで燃料と酸化剤を燃焼室に送り、混ぜて燃焼すると、爆発的に燃えてガスが発生し、ノズルから高速で噴射される。固体ロケットに比べて仕組みは複雑だが、ガスの噴射速度が高いため、十分に巨大なロケットを作れば秒速7.9㎞を突破することが可能になる。

フォン・ブラウンが陸軍で最初に開発したロケットは、A−1と呼ばれる、長さたった1.4メートル、重さ150㎏の液体燃料ロケットだった。一年半かけて開発したこのロケットは打ち上げ後一秒半で爆発した。

その頃、ドイツは大きく揺れていた。「悪魔」が仮面を脱ぎ捨て、その本性を現し始めたのである。フォン・ブラウンが陸軍に雇われた翌年、アドルフ・ヒトラーは首相に就任し、やがて独裁的権力を手にした。一九三五年、ドイツはベルサイユ条約を破棄して再軍備宣言をし、一九三九年には再び世界大戦が始まった。

だが、世情の変化はフォン・ブラウンの仕事環境にはすぐには変化を及ぼさなかった。彼はまるで歴史から切り離されたように宇宙への夢に取り憑かれ、ロケット開発に没頭した。失敗と試行錯誤を繰り返しながら、だんだんとロケットは大型化し、それにつれて開発チームも加速度的に大きくなっていった。

A4 ロケット。後にV2 と改称された。 ©Deutsches Bundesarchiv

 

十一年の歳月が流れた。フォン・ブラウンはついに宇宙への扉を叩くロケットを完成させた。全長14メートル。重量12.5トン。怪物のようなロケットだった。A4と呼ばれたこのロケットは、垂直に打てば高度200㎞の宇宙空間に達する能力を持っていた一方、ミサイルとして使えば、320㎞離れた標的に1トンの爆弾を命中させる能力も持っていた。

(つづく)

<以前の特別連載はこちら>


『一千億分の八』読者のためのFacebookグループ・『宇宙船ピークオッド』
宇宙兄弟HPで連載中のコラム『一千億分の八』の読者のためのFacebookグループ『宇宙船ピークオッド』ができました!
小野さん手書きの図解原画や未公開の原稿・コラム制作秘話など、ここでのみ得られる情報がいっぱい!コラムを読んでいただいた方ならどなたでも参加可能です^^登録はこちらから
https://www.facebook.com/groups/spaceshippequod/

『宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─』の元となった人気連載、『一千億分の八』をイッキ読みしたい方はこちらから
【第1回】〈一千億分の八〉はじめに
【第2回】〈一千億分の八〉ガンジス川から太陽系の果てへ
【第3回】〈一千億分の八〉地球をサッカーボールの大きさに縮めると、太陽系の果てはどこにある?
【第4回】〈一千億分の八〉すべてはSFから始まった〜「ロケットの父」が愛読したSF小説とは?
【第5回】〈一千億分の八〉なぜロケットは飛ぶのか?〜宇宙工学最初のブレイクスルーとは
【第6回】〈一千億分の八〉なぜロケットは巨大なのか?ロケット方程式に隠された美しい秘密
【第7回】〈一千億分の八〉フォン・ブラウン〜悪魔の力を借りて夢を叶えた技術者
【第8回】〈一千億分の八〉ロケットはなぜまっすぐ飛ぶのか?V-2のブレイクスルー、誘導制御システムの仕組み
【第9回】〈一千億分の八〉スプートニクは歌う 〜フォン・ブラウンが戦ったもうひとつの「冷戦」
【第10回】〈一千億分の八〉宇宙行き切符はどこまで安くなるか?〜2101年宇宙の旅
【第11回】〈一千億分の八〉月軌道ランデブー:無名技術者が編み出した「月への行き方」
【第12回】〈一千億分の八〉アポロを月に導いた数式
【第13回】〈一千億分の八〉アポロ11号の危機を救った女性プログラマー、マーガレット・ハミルトン
【第14回】〈一千億分の八〉月探査全史〜神話から月面都市まで
【第15回】〈一千億分の八〉人類の火星観を覆したのは一枚の「ぬり絵」だった
【第16回】〈一千億分の八〉火星の生命を探せ!人類の存在理由を求める旅
【第17回】〈一千億分の八〉火星ローバーと僕〜赤い大地の夢の轍
【第18回】〈一千億分の八〉火星植民に潜む生物汚染のリスク

〈著者プロフィール〉

小野雅裕(おの まさひろ)

NASA の中核研究機関であるJPL(Jet Propulsion Laboratory=ジェット推進研究所)で、火星探査ロボットの開発をリードしている気鋭の日本人。1982 年大阪生まれ、東京育ち。2005 年東京大学工学部航空宇宙工学科を卒業し、同年9 月よりマサチューセッツ工科大学(MIT) に留学。2012 年に同航空宇宙工学科博士課程および技術政策プログラム修士課程修了。2012 年4 月より2013 年3 月まで、慶応義塾大学理工学部の助教として、学生を指導する傍ら、航空宇宙とスマートグリッドの制御を研究。2013 年5 月よりアメリカ航空宇宙局 (NASA) ジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory)で勤務。2016年よりミーちゃんのパパ。主な著書は、『宇宙を目指して海を渡る』(東洋経済新報社)。現在は2020 年打ち上げ予定のNASA 火星探査計画『マーズ2020 ローバー』の自動運転ソフトウェアの開発に携わる他、将来の探査機の自律化に向けた様々な研究を行なっている。阪神ファン。好物はたくあん。

さらに詳しくは、小野雅裕さん公式HPまたは公式Twitterから。